第71回名古屋をどりへ

こんにちわ、壽大地です。

2011年から毎年拝見している、名古屋をどり。

終戦の年に愛知県の要請で開催されてから、ほぼ毎年開催されている、

名古屋西川流のメインイベントです。

千雅四世家元

私は、2010年から2011年の約一年間、

今は解散した『邦楽と舞踊』出版社で記者として仕事していました。

今のように、日本舞踊の仕事や、お囃子、長唄の稽古もしながら

夜中に会社に行き一人パソコンに向かって仕事をする…

今思うと、寝不足続きでよくやったな~と思いますが、

当時教わった編集作業などが、いま仕事に相当役に立っているのと、

その最後の2011年3月号の特集『大和楽 河』の取材で、

西川右近先生や大和礼子先生との出会いがあり、今もなお、かわいがっていただき、

そののち、西川右近先生創案のNOSSのインストラクターにもなり、

右近塾(これはまた、くわしく載せたいと思っていますが)の事務局も仰せつかり、

現在に至ります。

そんなわけで、名古屋をどりも、ずっとwキャストを見たく、

全演目拝見していました。

今年は、残念ですが、二日目に伺いました。

陽子先生(左) 友り栄さん【右)

今年から御園座にもどり、ロビーでは右近先生原作の漫画「兄者」も発売され、

賑やかなロビーでした。

お素人さんの一般参加という演目もあり、一生懸命お稽古されていたのがうかがえるお舞台でした。

 

関連記事

  1. 大河寛園先生の舞踊会へ

  2. 大宮NOSS初めての発表に向けて!

  3. 第15回金沢おどりを観てきました

  4. 女流浪曲師 東家三楽さんの舞台

  5. ジャパネットたかた前社長の講演会へ!

  6. 壽流公式ホームページがリニューアルしました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。